ふすまの交換は難しい

室内

ふすまは押し入れや部屋のパテーションとして利用されています。障子とは違いふすまにはそれぞれ独特なデザインが施されており、和室の演出には必要不可欠なアイテムです。障子は自分で張替えを行なうこともありますが、初心者には手間がかかり骨の折れる作業になります。近頃はホームセンターなどに初心者でも自分で張替えのできるキット商品もみかけることが多いです。デザイン性の強いふすまは部屋の模様替えなどに利用すると、その効果を発揮します。模様替えを機会にふすまの張替えを検討されるのも良いでしょう。ふすまの種類としては、主に押し入れなどに使用される本ふすまと、部屋の区切りに使用される戸ぶすまの2種類があり、材質も発泡スチロールを利用したものや、段ボール素材を利用したものなど、使用される材質によりその価格も変わってきます。またリフォームを扱う業者さんに発注すると、シンプルなデザインの安値のものでは約3000円のものからデザイン次第では20000円を超えてしまうものもあります。購入される際の枚数も単品で購入するのとセット枚数で購入するのでは金額も変わってきます。
また襖絵のデザインコンクールなども行なわれており、入賞した素敵なデザインの作品はそのまま販売化されます。
ふすまも張替えるだけではなく、いっそのこと取り外してしまい仕切りを減らすことによって開放感がある部屋へ変身させることも可能です。様々なふすまのや活用法で部屋の雰囲気を変えてみるのもいかがでしょうか。

お家の中で1番使う場所

お手洗い

台所やお風呂などの水回りで1番使うことが多いのはトイレでしょう。だからこそ不具合もおきやすい場所でもあります。 トイレットペーパー以外のものを流してしまうと詰まりの原因になります。トラブルを防ぐためにも正しい知識を持つことが大切です。

詳細

電気を選ぶ

プラグ

電力自由化に伴い電気料金やサービス内容などの比較選択が出来る時代になりました。まだ施行されたばかりのサービスで、どのような点に気をつけて各所のサービスを比較すれば良いでしょうか。

詳細

小さなことから確認

蛇口

水漏れの被害はその被害規模によって 莫大な修理費用がかかってしまう恐れがあります。そのようなトラブルを回避するためにも、日頃から水道料金など小さいことから確認することが大切です。

詳細